HOME > 造園家への登竜門 「全国造園デザインコンクール」

造園家への登竜門 「全国造園デザインコンクール」

■ 全国造園デザインコンクールとは

     

主催: (一社)日本造園建設業協会

     

共催: (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会
     全国高等学校造園教育研究協議会

     

後援: 文部科学省
     国土交通省
     全国農業高等学校長協会
     (公社)日本造園学会
    

     

 全国造園デザインコンクールは昭和49年にはじまり、造園のデザインと製図技術の向上を図るために行っています。
 造園学科を持つ学校の授業の一環として、また造園家を目指す一つの目標として、親しまれています。
 応募条件を一般・大学生・高校生の3部に分け、課題は 「住宅庭園」「街区公園」「商業施設」「実習作品」の4部門で構成しています。

     

■ 応募方法

第43回全国造園デザインコンクール」の応募要項を掲載しました。

■課題
A 昨年度から玄関、バスルームが変わっています。
B 商業施設部門の製図エリアを明記してます。
その他、大きな変更はございません。

■応募要項
下記より応募要項(PDFファイル)をダウンロードしてください。

ページ 内 容
P1,2 主催者、趣旨、応募資格、応募課題(概要)、入選発表・賞、応募期間・送り先、その他
P3〜5 A.住宅庭園部門(個人住宅庭園):要領・課題図
P6,7 B.街区公園部門(街区公園):要領・課題図
P8,9 C.商業施設部門(複合商業施設に面した屋外空間):要領・課題図
P10 D.実習作品部門:要領
P11,12 応募票貼付方・応募票・応募作品チェックリスト
P1〜P12 一括ファイル
応募図面1 A.住宅庭園部門:課題図
応募図面2 C.商業施設部門:課題図

■応募の際の注意事項(特に図面について)
応募要項は、毎年変わっています。必ず最新の応募要項をご覧下さい。
毎年、応募要項の規程から外れた図面の応募があります。せっかく応募して頂いても、規程から外れていると審査対象から外されてしまいます。ご注意下さい。

【例】
・図面の寸法が違う
A住宅庭園、B街区公園、C商業施設部門は、A1サイズ(841mm×594mm)
D実習作品部門は、A1(841mm×594mm)またはA2サイズ(594mm×420mm)
※上記のサイズを必ず確認してご応募下さい。

・表題のタイトルが違う
住宅庭園設計図や街区公園設計図としたものが多く見られますが、現在、それぞれ次のようになっています。
住宅庭園計画図、街区公園計画図、商業施設造園計画図、実習作品

・その他
縮尺や方位のまちがい
方位、バースケール、縮尺表記などが無い
計画地の敷地、形状寸法などがまちがっている など

■応募要項のお取り寄せについて
応募要項が必要な方は、送付先(郵便番号・住所・会社名・学校名・氏名等)及び連絡先(電話番号・メールアドレス等)を明記し、郵送、ファックスまたはEメールでお申し込み下さい(お電話での受付はしておりません)。
1ヶ所につき、1部お送りいたします(無料)。
送付は7月中旬以降になります。
お申し込みの際に頂いた個人情報は、応募要項の送付以外には使用いたしません。

【申し込み先】
(一社)日本造園建設業協会 デザコン係
  〒113-0033東京都文京区本郷3丁目15番2号 本郷二村ビル4階
  TEL:03-5684-0011 FAX:03-5684-0012

■応募作品の返却について
応募作品は申込校から依頼ある場合返却いたします。
1.返却は3月20日から学校単位でファクス、メールにて申込下さい。
2.発送は着払いにさせて頂きます。
3.入選作品は日造協、造園学会の展示会が終了する11月以降になり別途申し込み下さい。
4.申し込みは下記お問い合わせを利用してください。


PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。下のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ

■ 第42回 審査結果

第42回全国造園デザインコンクールの表彰式を2月13日(土)東京都千代田区麹町、弘済会館にて開催されました。
文部科学大臣賞を受賞した滋賀県立八日市南高等学校と、入選・佳作28作品のうち特別賞6作品の受賞者への賞状の授与と、受賞者作品発表を行った。
 表彰式は冒頭、主催者より藤巻司郎日造協会長があいさつ。
受賞者へのお祝いと指導された先生方や関係者への感謝、今後のコンクールの発展と社会への貢献に向けた期待を述べた。
 次いで、田畑淳一文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官、町田誠国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長が祝辞を述べ、特別賞の授与、受賞者による作品発表が行われ、審査委員長の藤井英二郎千葉大学園芸学部教授が講評。
最後に受賞者と審査員等関係者での記念撮影を行い閉会した。

受賞者と関係者で記念撮影
(敬称略)
特別賞
文部科学大臣賞
 滋賀県立八日市南高等学校
国土交通大臣賞
 瀧山 若菜 滋賀県立八日市南高等学校
 高校生の部 街区公園部門
作品
(公社)日本造園学会会長賞
 相澤 那樹 東北工業大学大学院 
 大学生の部 商業施設部門
作品
(一社)日本造園建設業協会会長賞
 和田 優一 滋賀県立湖南農業高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞賞
 神田 奈緒 西日本短期大学
 大学生の部 実習作品部門
作品
全国農業高等学校長協会理事長賞
 伊藤 亮平 山口県立宇部西高等学校
 高校生の部 実習作品部門
作品
全国高等学校造園教育研究協議会会長賞
 稲本 克基 奈良県立磯城野高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
入 選 (18点)
【大学生の部】(5点)
■住宅庭園部門
竹内 徹 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
比企 豊 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■商業施設部門
相澤 那樹 東北工業大学大学院 工学研究科建築学専攻 2年 作品
■実習作品部門
神田 奈緒 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
上田 優介 中央工学校 造園デザイン科 2年 作品
【高校生の部】(13点)
■住宅庭園部門
池田 悟 奈良県立磯城野高等学校 環境デザイン科 3年 作品
稲本 克基 奈良県立磯城野高等学校 環境デザイン科科 3年 作品
遠藤 佑季 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
長坂 ちひろ 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
山口 彩香 新潟県立上越総合技術高等学校 建築・デザイン科 3年 作品
和田 優一 滋賀県立湖南農業高等学校 環境緑地科 3年 作品
■街区公園部門
瀧山 若菜 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
端 哉汰 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
谷口 亮太 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
■商業施設部門
橋 奎吾 長野県須坂園芸・須坂創成高等学校 造園科 3年 作品
■実習作品部門
伊藤 亮平 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
伊藤 安里 東京都立農業高等学校 緑地計画科 3年 作品
道本 理奈 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
佳 作(10点)
【一般の部】(1点)
■街区公園部門
後藤 昌巳 (株)景観プランニング   作品
【大学生の部】(4点)
■住宅庭園部門
出田 千賀 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
村上 徹 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■街区公園部門
大崎 晃寛 名城大学 生物環境科学科 4年 作品
■実習作品部門
永嶺 崚太 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
【高校生の部】(5点)
■住宅庭園部門
中根 淑里 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
瀬古 美沙希 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
■街区公園部門
香村 朋佳 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
■商業施設部門
小宮山 桃加 長野県須坂園芸・須坂創成高等学校 造園科 2年 作品
澤田 隼弥 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
奨学賞 (21点)
【高校生の部】
■住宅庭園部門
柳生 由也 岡山県立興陽高等学校 造園デザイン科 3年
神庭 友加里 島根県立松江農林高等学校 環境土木科 3年
岩田 悠里 埼玉県立熊谷農業高等学校 生物生産技術科 3年
三田 真麻 埼玉県立鳩ヶ谷高等学校 園芸デザイン科 3年
勝身 雪子 茨城県立石岡第一等学校 造園科 3年
岡田 詩織 群馬県立勢多農林高等学校 緑地土木科 2年
竹内 はるな 愛媛県立伊予農業高等学校 環境開発科(緑地類型) 3年
池田 宥子 岐阜県立加茂農林高等学校 造園科 3年
渋谷 明 東京都立農芸高等学校 緑地環境科 3年
大澤 紫織 埼玉県立児玉白楊高等学校 環境デザイン科 3年
清水 柚美子 埼玉県立熊谷工業高等学校 建築科 3年
阿部 史佳 神奈川県立相原高等学校 環境緑地科 1年
榎本 輝 群馬県立藤岡北高等学校 環境土木 3年
石坂 拓祥 鳥取県立倉吉農業高等学校 環境科 3年
■街区公園部門
鈴木 美夏 神奈川県立中央農業高等学校 園芸科学科 3年
鈴木 大暉 三重県立四日市農芸高等学校 環境造園科自然環境コース 3年
椙尾 美羽 埼玉県立いずみ高等学校 環境デザイン科 3年
井上 匠 京都府立農芸高等学校 環境緑地科 3年
■商業施設部門
杉山 京香 静岡県立静岡農業高等学校 環境科学科 3年
佐伯 陸、文屋 勇人 兵庫県立尼崎工業高等学校 建築科 3年
■実習作品部門
齊藤 尋宣 岩手県立花巻農業高等学校 環境科学科 3年

■ 第42回 審査講評

藤井英二郎 委員長
(千葉大学園芸学部教授)

 今回は昨年より約1割多い439件の応募があり、2年続いて増加しました。
 例年、社会的課題も視野に入れた楽しいデザインが多い高校生の住宅庭園部門ですが、今回は少し物足りませんでした。
 住宅は生活の中心ですので夢のある住宅庭園を提案して下さい。
 一方、大学生の実習作品には素晴らしいものが多く見られました。
 自然を活かしながら、人の行動や感覚にも違和感を与えないことが特徴の造園デザインでは、施工・管理段階での設計が不可欠で、表彰作品にはその積み重ねを伺うことができました。
 ここ1、2年、街区公園に素晴らしい設計が少ないように思います。
 面積2,500uの広さを実感し、周辺の土地利用を想像しながら、地域生活の核となる公園設計を期待しています。
 社会資本の管理が大きな課題になっている今日、多くの分野で若手技術者不足が懸念されています。
 消費よりは循環が大切な定常型社会では造園が大きな役割を担わなければなりませんので、今回表彰された方々は若手技術者の先頭に立って活躍されるよう期待いたします。

田畑淳一 委員
(文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官)

 今年度の応募数は、昨年度を一割ほど上回った。
 審査は、甲乙つけがたく長時間になったが、応募された生徒の皆さんの日頃の学習の成果と作品を仕上げるひたむきな姿勢を垣間見ることができうれしい限りだ。
 これまでの皆さんの努力と御指導いただいた先生方に改めて敬意を表したい。
 今年度の文部科学大臣賞は、僅差ではあるが各作品の評価が高く、各部門できめ細かに指導されていた滋賀県立八日市南高等学校とさせていただいた。
 ここ数年、各校の指導力も向上し、指導者も世代交代に入ってきたことからどの学校が文部科学大臣賞を受賞してもおかしくなくなってきた。
 次年度へ向け他校の指導力向上に期待している。
 作品制作には、日頃から常に感性を高めるトレーニングや基礎的・基本的な技術習得が必要で、地道な取り組みが不可欠である。
 実習作品は地域のイベントや文化祭等で作成する機会や課題研究等による卒業制作等をうまく活用することで挑戦できる内容であり、学習成果を外部で評価いただく機会として捉え、教育的視点で応募へ向けた学習計画から整理することも必要ではないかと考える。
 また、全国農業高等学校長協会では、本年度から「アグリマイスター顕彰制度」という農業学習に取り組む生徒の皆さんの各種検定や資格、競技会等での取り組みを獲得ポイントで評価し、学ぶ目標を明確にする制度が創設された。
 造園デザインコンクールもその対象になっていることから今後の出品数並びに知識・技術のレベルアップにつながることを期待している。
 当コンクールの更なる充実・発展を祈念し講評とする。

町田誠 委員
(国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長 )

 課題となっている2,500u程度の空間は、都市内において狭い空間ではないが公園としては決して広くはない。
 通常であれば、空間を分節化せずに公園全体を見渡すことができる一体の空間構成とし、そこに一つの主題を設けたくなるところだが、作者は訪れるであろう利用者の多様性に、空間の分節化によって対応しようとしている。
 直径20m程度のふたつの円形の広場を中心としてどのような公園の利用が生まれるか。
 滝の石組みから板張りの広場に沿う流れは心字へと注ぎ、一方のモザイク状にデザインされたアンツーカー舗装の広場はケヤキ、コナラ、ソヨゴ、イロハモミジなどの木々に囲まれている。
 小さな築山の広場、パーゴラベンチの広場もそれぞれが特徴的な樹種によって個性づけされているが、全体として連続した空間として無理なく配置されている。
 地割や地面の処理の仕方は西洋風であるが、修景的な処理、空間構成要素はかなり和風であって、現代的な都市空間の中の日本風の公園として、多様な年齢層の人々が共存して憩い得る空間の可能性を感じさせる。

篠沢健太 委員
((公社)日本造園学会理事)

 (公社)日本造園学会会長賞は東北工業大学大学院の相澤那樹さんが受賞されました。
 本作品は、商業空間を対象にボロノイ分割のアルゴリズムを用いた空間構成や落葉や廃棄物の再利用によるメタンガス利用など、新たな技術への積極的な挑戦の独創性、先進性が評価されました。
 工業系大学院で建築を専攻する本作品は異分野の提案にありがちな造園との乖離がみられず植栽も適度な納まりで表現されていましたが、これには造園業を営む父親の存在が大きかったとのことでした。
 本作品は異分野との協力と違和、反発を経た優れたコラボレーションとしても高く評価できます。
 今後、建築分野に進んでも、造園に理解ある人材として協働を続けてもらいたいです。

大室徳治 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会理事長)

 街区公園の応募は順調に増加していますが、商業施設については、大学生の応募が非常に少ない状態です。
 高校生については、課題の理解度が進んできたようで、増加傾向です。
 今後に期待が大きいと思われます。
 今回から、全国農業高校長協会から特別賞をいただくことが出来ました。
 関係諸団体のお力添えに深謝いたします。
 作品は、住宅庭園や実習作品に素晴らしい作品が多くあり感激しました。
 それに比べ、街区公園や商業施設はやや見劣りする作品があり残念でした。
 町で買い物をしながら、公園や広場を使いながら、周囲を観察することも大切かと思います。
 全国高校造園教育研究協議会会長賞は、奈良県立磯城野高校の稲本君が受賞されました。
 本作品は「母への愛」をテーマに、母に対する優しさを、曲線やバラ、花壇で表現したものです。
 母への気持ちがとても良く現れている作品でした。
 次回も多数の素晴らしい作品の応募を期待しております。

鈴木一志 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会副理事長)

 今年も数多くの応募をいただき誠にありがとうございました。
 特に複数の作品を応募していただいている学校の生徒さんや先生方、大変感謝申し上げます。
 毎年のことではありますが、今回も斬新な発想で熱心に取り組まれている作品が数多く目を引きました。
 また、表現方法も様々で、造園デザインのコンクールであることを改めて認識することができました。
 今回は住宅部門等の詳細に若干の変更がありましたが、お気づきにならなかった生徒さんの応募が気になりました。
 生徒さん自身が応募要項を確認することはもちろんですが、ご指導されている先生方も応募要領のチェックとともに、課題の変更点を見落とさないようにご注意いただきますようお願いいたします。

萩野一彦 委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会理事・技術委員会委員長)

 (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞は、全作品の中で、着想・デザイン等の最も優れた作品として、西日本短期大学の神田奈緒さんの実習作品「つながる庭」が受賞されました。
 造園デザインの特徴は、植栽による空間デザインであること以外にも、大きな特徴として、設計と施工が一体となって具体化していく行為であること、自然地形を使って風景や環境をデザインしていくことの2点が挙げられます。
 この実習作品は、傾斜のある地形と周辺環境との関係をよく理解し、デザインコンセプトの検討から、原寸大までの様々な模型によるスタディをチーム全員で共有した上で、緻密に施工計画をたて短期間で工事を完成させています。
 また、施工中に明らかになった設計上の課題を解決する設計変更も行われたことも確認できました。
 指導された先生の造園教育理念も含め、造園デザインのあるべき姿を感じることができました。

卯之原昇 委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・技術委員長)

 今年度の(一社)日本造園建設業協会会長賞には、多くの作品の中から、計画・施工・利用についてもっとも優れた作品ということで、住宅庭園部門から和田優一さん(滋賀県立湖南農業高校)の「露地の系譜」が受賞されました。
 作品は、玄関から茶室に通じる露地と流れを中心とした庭園で、茶道を極めた千利休の露地、弟子の古田織部や小堀遠州の庭など、茶人の庭を取り入れようと一生懸命努力と工夫された様子を伺うことが出来た作品でした。
 応募者、指導者の皆様に感謝するとともに、今後も多くの皆様が造園業界に入職され活躍されることを期待しております。

風間啓秀 委員
((一社)日本造園建設業協会事業委員会副委員長)

 今回は大学の実習作品に優秀な作品が多くその中で私が特に印象に残りましたのは通常では施工に不向きと考えられていた階段真下の空間を利用した実習作品で今後の造園業に一つのヒントを与えてくれた作品と感じました。
 今回の(一社)日本造園建設業協会会長賞は昨年国土交通大臣賞を受賞された滋賀県立湖南農業高等学校和田優一さんの作品『露地の系譜』というテ―マで露地すなわち茶庭のわびさびを考えデザインされた住宅庭園の作品でした。
 今回、前回と2年連続約1割程応募総数が増ており次回に過去最多の第34回464作品を超えることを期待し皆様の御応募お待ちいたします。

■ 第41回 審査結果

 日造協は、第41回全国造園デザインコンクールの表彰式を2月14日、東京都千代田区麹町の弘済会館で開催。
文部科学大臣賞を受賞した長野県須坂園芸高等学校と、入選・佳作28作品のうち特別賞6作品の受賞者への賞状の授与と、受賞者作品発表を行った。
 表彰式は冒頭、主催者より藤巻司郎日造協会長があいさつ。
受賞者へのお祝いとともに指導された先生方や関係者への感謝、今後のコンクールの発展と社会への貢献に向けた期待を述べた。
 次いで、田畑淳一文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官、町田誠国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長が祝辞を述べ、特別賞の授与、受賞者による作品発表が行われ、審査委員長の藤井英二郎千葉大学園芸学部教授が講評。
最後に受賞者と審査員等関係者での記念撮影を行い閉会した。

受賞者と関係者で記念撮影
(敬称略)
特別賞
文部科学大臣賞
 長野県須坂園芸高等学校
国土交通大臣賞
 和田 優一  滋賀県立湖南農業高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
公益社団法人日本造園学会長賞
 福田 蒼樹  西日本短期大学
 大学生の部 実習作品部門
作品
一般社団法人日本造園建設業協会長賞
 澤畑 ほなみ  E&Gアカデミー
 大学生の部 住宅庭園部門
作品
一般社団法人 ランドスケープコンサルタンツ協会長賞
 鈴木 菜津美  E&Gアカデミー
 大学生の部 住宅庭園部門
作品
全国高等学校造園教育研究協議会長賞
 田中 茉優  山梨県立農林高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
 清水 大  京都府立農芸高等学校
 高校生の部 実習作品部門
作品
入 選 (18点)
【大学生の部】(6点)
■住宅庭園部門
澤畑 ほなみ E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
篠崎 裕美 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
杉原 慧美 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
鈴木 菜津美 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■街区公園部門
久保 香織 千葉大学園芸学部 緑地環境 1年 作品
■実習作品部門
福田 蒼樹 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
【高校生の部】(12点)
■住宅庭園部門
岩尾 裕希 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
久保 舞 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
田中 茉優 山梨県立農林高等学校 2年 作品
政二 大樹 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
和田 優一 滋賀県立湖南農業高等学校 環境デザイン科 2年 作品
■街区公園部門
池田 理香 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 2年 作品
石原 洸太 長野県須坂園芸高等学校 造園科 3年 作品
原 美波 長野県須坂園芸高等学校 造園科 3年 作品
■商業施設部門
神林 芽泉 長野県須坂園芸高等学校 造園科 3年 作品
香村 朋佳 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 2年 作品
■実習作品部門
山東 佑基 滋賀県立湖南農業高等学校 環境緑地科 3年 作品
清水 大 京都府立農芸高等学校 環境緑地科 3年 作品
佳 作(10点)
【大学生の部】(4点)
■住宅庭園部門
伊藤 亮 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
江田 かつら 中央工学校 造園デザイン科 2年 作品
渋谷 恵美 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■街区公園部門
羽田 帆乃加 愛知淑徳大学 都市環境デザインコース 3年 作品
【高校生の部】(6点)
■住宅庭園部門
辻 京介 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
中村 春香 長野県須坂園芸高等学校 造園科 2年 作品
■街区公園部門
中島 瑞紀 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
堀澤 陽花 長野県須坂園芸高等学校 造園科 3年 作品
■商業施設部門
栗林 勝太 野県須坂園芸高等学校 造園科 3年 作品
■実習作品部門
福田 昌史 島根県立松江農林高等学校 環境土木科 3年 作品
奨学賞 (22点)
【高校生の部】
■住宅庭園部門
池田 有希 埼玉県立鳩ヶ谷高等学校 園芸デザイン科 3年
大木 留奈 群馬県立勢多農林高等学校 緑地土木科 2年
木村 旬志 岡山県立興陽高等学校 生造園デザイン科 3年
釘本 結女 奈良県立磯城野高等学校 環境デザイン科 3年
栗田 麻未 静岡県立静岡農業高等学校 環境科学科 3年
小林 賢也 茨城県立石岡第一高等学校 造園 3年
近藤 衣久美 新潟県立新潟工業高等学校 建築科建築コース 3年
白井 勇次 愛知県立新城高等学校 環境デザイン科 3年
松本 愛華 奈良県立御所実業高等学校 環境緑地科 3年
矢口 栞奈 神奈川県立中央農業高等学校 園芸科学科 3年
安田 美緒 鳥取県立倉吉農業高等学校 環境科 3年
吉田 圭吾 愛媛県立伊予農業高等学校 環境開発科 3年
吉本 梨花 神奈川県立相原高等学校 環境緑地科 3年
■街区公園部門
新井 翔 埼玉県立熊谷工業高等学校 機械科 3年
滝井 明莉 三重県立四日市農芸高等学校 園芸科学科 3年
羽手原 涼 埼玉県立杉戸農業高等学校 造園科 3年
堀澤 めい 埼玉県立いずみ高等学校 環境デザイン科 3年
松田 礼奈 東京都立農芸高等学校 緑地環境科 3年
宮崎 祥太 東京都立農業高等学校 緑地計画科 3年
■実習作品部門
伊藤 三杏子 岩手県立花巻農業高等学校 環境科学科 3年
小林 幹治 山口県立田布施農工高等学校 環境土木科 3年
山内 美里 埼玉県立児玉白楊高等学校 環境デザイン科 3年

■ 第41回 審査講評

藤井英二郎 委員長
(千葉大学園芸学部教授)

 今回は昨年より約1割多い399件の応募がありました。
そのうち3/4を占める高校生の部では入選者がいくつもの高校に分散し、全国的なレベルアップの兆しが感じられます。
このコンクールの主催者・日本造園建設業協会が40回を記念して刊行された『全国造園デザインコンクール-40年のあゆみと作品』や協会HPで入選デザインが精度高く見られますので、是非参考にして下さい。
前回の高校生の街区公園には優れたデザインが多かったのですが、今回は物足りませんでした。
周辺の土地利用から想定される公園の存在効果・利用効果を考え、ゾーニング・動線計画を検討し、地域の広場となる公園を提案して下さい。
大学生の部では住宅庭園に優れたデザインが多く見られましたが、街区公園や商業施設は今一つでした。
地域社会の特定多数、あるいは不特定多数の方が利用する空間は都市的生活のコアですので、斬新で意欲的なデザインを期待しています。
 上記の『全国造園デザインコンクール-40年のあゆみと作品』をみますと、歴代の入選者の中に設計・施工界で活躍されている方々や、高校・大学で教鞭を執られている方々が何人もいらっしゃることがわかります。
コンクールがまさに登竜門になっているわけです。

田畑淳一 委員
(文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官)

 本コンクールの41回の歴史と伝統にふさわしくどの作品にも、日ごろの学習と努力の成果があらわれており甲乙つけがたい作品ばかりでした。
 今回の文部科学大臣賞は、上位入賞の多かった長野県須坂園芸高等学校としました。
長年指導されてきた先生の異動で作品を仕上げるのもたいへんであったと聞いていますが、さすが学校の伝統と先輩方からの思いが息づく圧巻の作品ばかりでした。
新しい指導者の下、更なる精進に期待します。
 全体的には、指導者の世代交代が始まる中、学校間の競争も更に激化し、その切磋琢磨が作品の質の向上へつながることを予見させる他校の頑張りも見られました。
次年度以降の他校のレベルアップに期待しています。
 一方では、事務局で「全国造園デザインコンクール〜40年のあゆみと作品〜」を整理いただきました。
ホームページでは、過去の優秀な作品を画像で見ることもできます。
各校での今後の指導に活かしていただければと考えます。
 造園空間をデザインする際、知識や技術を身に付けていることは当然ですが、そこに暮らす人、そこを利用する人、そこを見る人など、常に人の存在を意識し心の安らぎや変容等を意識した造園でなくてはなりません。
それらを考えることで素晴らしい作品が誕生していくものだと思いますし、作品を仕上げていくには自分自身がどれだけ成長しているかがポイントであると考えます。
 最後に、多数の素晴らしい作品がある中で、例年、応募する高等学校に偏りが感じられます。
また、せっかく応募しても応募要項に合致しない作品が多々見られます。
記載漏れや縮尺違いなど生徒の単純なミスも指導者の日頃の指導の中でチェックできる場面もあると思いますので今後の改善をお願いします。

町田誠 委員
(国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長)

 第41回全国造園デザインコンクールに入選等されました皆様、おめでとうございます。
今回も応募者の豊かな発想力と作庭意図を巧妙に伝える表現力を、審査をしながら楽しませて頂きました。
故郷である琵琶湖周辺地域をデザインのモチーフにした、滋賀県立湖南農業高校の和田優一さんの作品「琵琶湖周航」が、国土交通大臣賞を受賞されました。
自然の恵みの豊かさや旅人を癒やす旅情溢れる地域を表現した本作品の特筆すべき特徴は、敷地東側に数寄屋門を配して、西側の玄関ポーチへと導かれた動線に尽きると言って良いと思います。一般的な住宅庭園の常道としては考えにくい選択枝ですが、大きな屋敷の設えとしてはあり得る、門から玄関へのアプローチが、敷地条件に制約されるなかで、主庭の中を引き回されています。
凡そ5m毎に分節化され展開されるシークエンスは、琵琶湖を巡る旅さながらの緻密な空間構成です。
大切な客人が庭を巡り来る姿を、和室から眺めている主の心の高揚感をも想起させるような作品です。

加藤友規 委員
((公社)日本造園学会理事)

 「日本造園学会会長賞」は、西日本短期大学の福田蒼樹さんが受賞されました。
本作品は、大学キャンパス内での作庭実習の授業の中で実際に設計施工されたもので、本格的な庭園工事のプロセスが評価されました。
 1mの高低差のある階段の地形を把握するために、ダンボールのモックアップを組んでチーム内でイメージ共有した点や、階段の石張りで使用する石材をキャンパス内の再利用材から面のとれたものを厳選するなど、随所に創意工夫がみられる力作でした。
施工段階で生じる設計との齟齬を、現場での応用力でやり遂げた点も評価されました。

大室徳治 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会理事長)

 今回から住宅庭園部門の課題が変更され、現代の住宅事情に合わせたような内容になりましたが、課題の理解力の差が大学生と高校生の作品の違いになって表れたように思えます。
次回は、課題内容を充分に消化してチャレンジしてもらえればと思います。
大学生の作品は、細かい部分の空間処理が上手であり、作品の出来映えに大きく影響していました。
また、実習作品では、表現力が豊かで甲乙つけがたい作品が多くありました。
強いて上げるならば、施工前、施工後や施工中などの写真等を効果的に取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。
 是非、次回もたくさんの応募を期待しています。

鈴木一志 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会副理事長)

 第41回造園デザインコンクールに今年も沢山のご応募をいただき誠にありがとうござました。
高等学校の参加校は30校で応募数は291点でしたが、高校生らしい斬新な発想に満ち溢れた作品が数多く寄せられていました。
各学校でご指導を続けられている先生方のご努力に大変感謝いたします。
 しかしながら、住宅庭園部門と街区公園部門で課題変更が行われた影響か、応募規定に合わない作品が例年以上に多かったように感じました。
せっかく作品自体が素晴らしいものであっても、方位やスケールが異なったもの、バースケールが記載されていないものは、予備選考の段階で選考から外れてしまいます。
毎年のことではありますが、最後の郵送段階の前にもう一度、図面の内容をご確認のうえご応募いただきたいと思います。

村岡政子 委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会副会長)

 毎年、デザインコンクールの審査に参加させていただき、造園をめざす若い人々の発想力の豊かさや瑞々しい感性に出会うことが大きな楽しみになっています。
 今回、(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞を受賞された鈴木菜津美さんの住宅庭園『のびのびの庭』は、小さな子どもたちを家庭で預かる保育ママさんの住宅のお庭を描いた作品です。
円形のウッドテラスや芝生テラスが美しく納まり、子どもたちが元気に走り回り、植物にふれあうことができる楽しい庭となっています。
また、保育ママの日常機能をきちんと取り入れ表現しており、構想力とデザインセンスを感じさせる優れた作品です。
最後に、関係者の皆様の永年にわたる熱意とご努力に心から敬意を表しますとともに、次回も多数の素晴らしい作品の応募をお待ちしております。

萩野一彦 委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会理事・技術委員長)

(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会長賞には、399点の全作品の中から、E&Gアカデミーの鈴木菜津美さんの住宅庭園「のびのびの庭」が選ばれました。
保育ママ(家庭福祉員)と子供たちのためにデザインされた住宅庭園です。
明確なコンセプトに込められた思いと、それを見事に空間デザインとして表現している点が評価されました。
円を使った平面構成は、ウッドテラス、芝テラス、動線、駐車場のすべてに絡み、隙なくきれいに一つにまとめています。
空間構成力の高さとともに、何度も書き直してこれに至った努力を感じました。
次回も多数の優れた作品の応募があり、このコンクールを契機に多くの若者が造園界において活躍されることを期待します。

卯之原昇 委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・技術委員長)

今年度の日造協会長賞は、全399点の作品の中から、計画・施工・利用についてもっとも優れた作品にということで、住宅庭園部門でE&Gアカデミーの澤畑ほなみさんの「愛犬と過ごすいのちが輝く庭」が受賞されました。
この作品は、日々愛犬と暮らす生活の中での発想をもとに、野鳥の飛来や昆虫のすみかなど動植物に配慮した、緑いっぱいの庭が計画されておりました。
最近は庭園も小規模傾向になってきており、本作品は施工界から見ると、楽しみながら作りたい庭の一つでありました。
毎年、沢山の作品を出展していただき、応募者、指導者の皆様に感謝すると共に、今後も多くの皆様が造園業界に入職され活躍されることを期待しております。

風間啓秀 委員
((一社)日本造園建設業協会事業副委員長)

 第41 回目の今年は40 回の前年より応募総数で39 作品多い399 点の作品が応募され、応募課題4部門(住宅庭園・街区公園・商業施設・実習作品)の中では住宅庭園部門に優秀な作品が多く、今年度の日造協会長賞には澤畑ほなみさんの「愛犬と過ごすいのちが輝く庭」が受賞されました。
少子高齢化の進む日本、英国ではぺットとガ―デニングが暮らしの質を高める重要な手段とされているとのコンセプトの元、デザインされた作品です。
 前年より多い応募作品があった事は次の10 年第50 回に向け良いスタートが切れました。
次回も今年以上のご応募よろしくお願い致します

■ 第40回 審査結果

受賞者と関係者で記念撮影
(敬称略)
特別賞
文部科学大臣賞
 長野県須坂園芸高等学校
国土交通大臣賞
 宮師 麻希  滋賀県立八日市南高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
公益社団法人日本造園学会長賞
 久保 香織  長野県須坂園芸高等学校
 高校生の部 商業施設部門
作品
一般社団法人日本造園建設業協会長賞
 藤井 宏海  西日本短期大学
 大学生の部 実習作品部門
作品
一般社団法人 ランドスケープコンサルタンツ協会長賞
 川辺 タツヤ  愛知県立猿投農林高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
全国高等学校造園教育研究協議会長賞
 田中 茉優  山梨県立農林高等学校
 高校生の部 街区公園部門
作品
全国高等学校造園教育研究協議会長賞
 清水 大  京都府立農芸高等学校
 高校生の部 実習作品部門
作品
第40回記念特別賞
 静岡県立静岡農業高等学校
入 選 (18点)
【大学生の部】(5点)
■住宅庭園部門
堅田 泰弘 E&Gアカデミー 東京校 1年 作品
兼平 徹 湘南みどり学園 日本ガーデンデザイン専門学校 1年 作品
茂木 和枝 E&Gアカデミー 東京校 1年 作品
■実習作品部門
松瀬 央樹 西日本短期大学 2年 作品
藤井 宏海 西日本短期大学 2年
【高校生の部】(13点)
■住宅庭園部門
川辺 タツヤ 愛知県立猿投農林高等学校 3年
神林 芽泉 長野県須坂園芸高等学校 2年 作品
宮師 麻希 滋賀県立八日市南高等学校 3年
村井 花 滋賀県立八日市南高等学校 3年 作品
■街区公園部門
岩瀬 晃 長野県須坂園芸高等学校 3年 作品
木ア 麻悠香 滋賀県立八日市南高等学校 3年 作品
竹内 晴香 長野県須坂園芸高等学校 3年 作品
田中 茉優 山梨県立農林高等学校 2年
■商業施設部門
木村 大輔 滋賀県立八日市南高等学校 3年 作品
久保 香織 長野県須坂園芸高等学校 3年 作品
■実習作品部門
久保 香織 長野県須坂園芸高等学校 3年
小暮 克也 埼玉県立児玉白楊高等学校 3年 作品
清水 大 京都府立農芸高等学校 2年
佳 作(10点)
【大学生の部】(3点)
■街区公園部門
根岸 雅実 長野県林業大学校 林学科 1年 作品
松永 圭司 東京農業大学 短期大学部 1年 作品
■商業施設部門
水越 俊宇 筑波大学 芸術専門学群 2年 作品
【高校生の部】(7点)
■住宅庭園部門
植野 友美 山口県立宇部西高等学校 3年 作品
柏崎 紅音 埼玉県立熊谷農業高等学校 3年 作品
郷古 塁 埼玉県立熊谷農業高等学校 3年 作品
廣田 優 滋賀県立八日市南高等学校 3年 作品
■商業施設部門
平田 美友 三重県立四日市農芸高等学校 3年 作品
■実習作品部門
八重樫 天斗 岩手県立花巻農業高等学校 3年 作品
田中 詩音・植野 友美・向井 咲代子 山口県立宇部西高等学校 3年 作品
奨学賞 (23点)
■住宅庭園部門
青木 菖 奈良県立御所実業高等学校 3年
石井 一史 茨城県立石岡第一高等学校 3年
井原 晃司 埼玉県立鳩ヶ谷高等学校 3年
岩ア 遥華 新潟県立上越総合技術高等学校 3年
北浦 光 奈良県立磯城野高等学校 3年
齋藤 聖奈 群馬県立藤岡北高等学校 3年
篠澤 亘生 新潟県立新潟工業高等学校 3年
田中 勇希 島根県立松江農林高等学校 3年
檀上 昴貴 岡山県立興陽高等学校 3年
西村 諒平 愛媛県立伊予農業高等学校 3年
羽手原 涼 埼玉県立杉戸農業高等学校 2年
松本 七海 静岡県立静岡農業高等学校 3年
村上 泰樹 鳥取県立倉吉農業高等学校 3年
吉井 彩香 神奈川県立相原高等学校 2年
■街区公園部門
島村 卓弥 群馬県立勢多農林高等学校 2年
関  一 東京都立農芸高等学校 3年
成本 由佳 埼玉県立いずみ高等学校 3年
■商業施設部門
石垣 大翔 広島県立西条農業高等学校 3年
■実習作品部門
五十嵐 南 北海道岩見沢農業高等学校 2年
井川 捺実 愛知県立鶴城丘高等学校 2年
塚本 洵 東京都立農業高等学校 緑地計画科 3年
牧野 将 山口県立田布施農工高等学校 3年
三品 拓郎 滋賀県立湖南農業高等学校 3年

■ 第40回 審査講評

藤井英二郎 委員長
(千葉大学園芸学部教授)

 昭和49年に始まった造園デザインコンクールは、造園教育の振興を図ろうとする高等学校造園教育協議会の熱意に造園建設業協会が賛同して始まったとされます。
今回は長年に亘って継続的に応募されている静岡県立静岡農業高等学校に第40回記念特別賞を授与することに致しました。
 審査は、例年通り10人の委員で丸1日かけて行いました。
その結果、昨年同様、住宅庭園部門に優れたデザインが多くみられましたが、今年の特徴は高校生の街区公園に優れたデザインが多く見られたことです。
公園周囲の土地利用を踏まえて公園のゾーニングや利用動線を検討した上で細部の構成を検討している点は高く評価できました。
また、今回新たに設定した商業空間部門を含めて高校生に優れたデザインが多かったのに対して、大学生のデザインは物足りませんでした。
しっかりとした実態把握と高い理念をもとに時代を先導するデザインが期待されます。
大学生では、実習部門に優れたものがありました。
実習には、新規施工や復元、改修・改造などがありますが、施工前の状態と施工途中段階、竣工後が比較できる写真を添えることで設計・施工の技術や工夫が明確になります。

田畑淳一 委員
(文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官)

 今年度の応募数は、昨年度と同程度であった。 審査は、甲乙つけがたく長時間になったが、応募された皆様のすばらしい作品をたくさん拝見することができた。
これまでの皆さんの努力に敬意を表し、御指導いただいた先生方に改めて感謝を申し上げる。
 今年は、新たに「商業施設部門:商業施設の屋外空間」が課題となり、日頃買い物に出かけている商業施設を造園の1空間として捉える中で創造性あふれる作品が多く寄せられていた。

 作品制作には、日頃から感性を高めるトレーニングや基礎的・基本的な技術鍛錬が必要で、地道な取り組みが不可欠であろうと考える。
 また、実習作品は地域のイベントや文化祭等で作成する機会や課題研究等による卒業制作等をうまく活用することで挑戦できる内容であり、学習成果を外部で評価いただく機会として捉え教育的視点で応募へ向けた学習計画から整理することも必要ではないかと考える。
 今年の文部科学大臣賞は、入賞数が多数で、実習作品でも評価の高かった長野県須坂園芸高等学校とさせていただいた。
特に造園デザインを実習作品ベースでもきめ細かに指導されていることは高く評価できる。
 今後も造園デザインを学ぶ生徒皆さんのレベルアップにつながり、コンクールのより更なる充実・発展を祈念し講評とする。

町田誠 委員
(国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長)

 主催者である日本造園建設業協会の皆様、御指導に当たられている先生方、そして多数の応募をいただいた生徒・学生の皆様に心より敬意を表しますと共に感謝申し上げます。
 審査を通じて、様々な個性の中にも、一人ひとりが持つ問題意識とどのように対応していくかという明確な意図をそれぞれの作品から感じ取ることができ、頼もしくまた心強く感じました。 住宅庭園部門では、主庭に南面する和室と居間、そしてポーチへのアプローチという3点に重点を置いて見させていただきましたが、所謂戸外室としての構成や地域の中のオープンガーデンとしての作品も多数あり、応募者の豊かな発想を感じ取ることができました。
国土交通大臣賞を受賞された滋賀県立八日市南高等学校の宮師麻希さんの作品「Universal Design」は、こうした多くの機能や用途を満たしつつ全体の統一感や調和を感じさせる、作品名どおりの優しさが巧みに表現された庭であると感服いたしました。
皆様のこれからの活躍を心から御期待申し上げます。

宮城俊作 委員
((公社)日本造園学会副会長)

 永きにわたって実施されてきたこのコンクールの主役が、高等学校で造園を学ぶ生徒さんたちであったという事実は、第40回を迎えた本年度の応募作品群をみても実感されるものでした。
 特に街区公園部門や商業施設部門における作品の多くは、提案内容やプレゼンテーションの表現において大学生の作品を凌駕しているように思われます。
 「日本造園学会会長賞」を受賞した久保香織さんの商業施設を対象とした提案では、建物の高低差を活用した風の通り道を屋外空間に導入することや、廃油を再利用するバイオディーゼル燃料の提案など、環境負荷の低減にむけたしくみがデザイン的にもすぐれた表現の中にとりまとめられています。

大室徳治 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会理事長)

 今回の応募作品も力作が多く、各学校での熱心な取り組みに感謝します。
例年のように、住宅庭園、実習作品部門で優れたものが多く見られました。
残念なことは、応募要項に合致しない作品があったことです。
設計主旨の記載漏れや縮尺間違いなどの作品があり非常に残念です。
 新しい課題の商業施設部門には、全体で37点の作品が応募されました。
課題内容の読み解きが進めば、次回以降は多くの応募があると考えます。
 実習作品については、本年もとても素晴らしかったのですが、掲載する写真選びに工夫があればと感じます。
制作風景や、施工前・後の写真などを利用して、工夫した点などがわかるようにしてはと考えます。
 次回もたくさんの応募をお願いいたします。

鈴木一志 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会副理事長)

 今回の造園デザインコンクールは、40回目の節目を迎え、各校の出展作品にも力のこもったものが数多くあったように感じました。
また、新しい発想を取り込もうということで、公共的空間の課題内容が変更されたことも、出展作品に変化を与えるきっかけとなったように感じました。
これもひとえに、毎年数多くの作品を応募していただいている高等学校の先生方のご指導の賜物だと感謝しております。
各学校現場の統合や変革の影響を受け、造園教育そのものの継続や発展が難しくなっている現在、このコンクールが今後も継続され発展して行くためには、各学校における先生方のご指導が欠かせません。
今後とも宜しくお願いいたします。

村岡政子 委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会理事・関東支部長)

 全国造園デザインコンクールの審査を毎年楽しみにしております。
若い造園家の方々の瑞々しい感性、造園への熱意に直接触れることができ、今年も元気をいただきました。
受賞に至らなかった作品の中にも、素晴らしい発想力に発想賞を差し上げたいような作品もありました。
(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞を受賞された川辺タツヤさんの住宅庭園『情熱の山』は、紅葉の名所「香嵐渓」をイメージした作品です。
落ち着いた佇まいの和風庭園ですが、晩秋の紅葉の一瞬の輝きを「情熱の山」と捉える感性が新鮮でした。
また、今年はCADを使った作品のレベルが向上し、中でもバランスのとれた丁寧な仕上げがなされた本作品が選ばれました。
関係者の方々の永年にわたる熱意とご努力に心から敬意を表しますとともに、次回も多数の応募をお待ちしております。

萩野一彦 委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会理事・技術委員長)

 ランドスケープコンサルタンツ協会長賞には、353点の全作品の中から、愛知県立猿投農林高等学校の川辺タツヤさんの作品「情熱の山」が選ばれました。
紅葉をテーマに香嵐渓をイメージしてデザインされた住宅庭園です。
着想とデザインにおけるシャープさとシンプルな構成の中に日本の庭の原点を感じさせる作品でした。
 審査を通じ、日頃デザインの実務に携わる我々も、学校教育の場に貢献すること、また、これから造園の実社会に出ていく学生・生徒の皆さんに、キャリアパスを示せるよう意識し行動することも重要であると感じました。
次回も多数の作品の応募と、多くの若者が造園界において活躍されることを期待します。

卯之原昇 委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・技術委員長)

 今年度の日造協会長賞には、多くの作品の中から、計画・施工・利用についてもっとも優れた作品として、西日本短期大学の藤井宏海さんの実習作品「緑に囲われたくつろぐ和の空間」が受賞されました。
 この作品は、学校のガーデニング実習の授業で行われたグループ(7名)作品で、計画時から模型や断面図を取り入れ完成時をイメージしながら計画されておりました。
施工については、施工前の現状から施工中の状況や手順が写真や工程表により非常に分かりやすく整理されており、またベンチの高さや、階段、植栽等も利便性を考慮した施工がなされていました。
 今回も沢山の作品を出展していただき、応募者、指導者の皆様に感謝すると共に、今後も多くの皆様が造園業界で活躍されることを期待しております。

風間啓秀 委員
((一社)日本造園建設業協会事業副委員長)

 全国造園デザインコンクールが開崔されて今回が第40回記念となります。
 応募者数の増を期待しておりましたが前回8名増の結果でした。
応募4部門の内公共空間に変わり商業地域となりました。
 そんな中やはり大学生・一般より今年も高校生の応募が多いのとレベルが高い作品を感じた審査でした。
 第40回記念特別賞を受賞された静岡県立静岡農業高等学校の皆様おめでとうございます。
第1回〜第39回において入賞年数32回入賞者数76名の実績は先輩から現役の皆様の努力の結果です。
 「継続は力なり」後輩へと繋げ引続きのご参加更なるレベルアップを期待します。

■ 歴代の結果

開催年度 応募総数 ※文部科学大臣奨励賞 入選した高校及び佳作に該当した高校の一部
42 27年度 439 八日市南高校(滋賀) 滋賀・湖南農業高校、山口・宇部西高校、奈良・磯城野高校、滋賀・八日市南高校、山梨・農林高等高校、新潟・上越総合技術高校、東京・都立農業高校、愛知・猿投農林高校、長野・須坂園芸・須坂創成高校
41 26年度 399 須坂園芸高校(長野) 長野・須坂園芸高校、滋賀・八日市南高校、滋賀・湖南農業高校、山梨・農林高等高校、京都・農芸高校、愛知・猿投農林高校、山口・宇部西高校、島根・松江農林高校
40 25年度 360 須坂園芸高校(長野) 長野・須坂園芸高校、滋賀・八日市南高校、山梨・農林高等高校、京都・農芸高校、愛知・猿投農林高校、岩手・花巻農業高校、、埼玉・児玉白楊高校、三重・四日市農芸高校、山口・宇部西高校、埼玉・熊谷農業高校
39 24年度 352 須坂園芸高校(長野) 長野・須坂園芸高校、愛知・猿投農林高校、滋賀・八日市南高校、山梨・農林高校、京都・農芸高校、神奈川・相原高校、愛知・鶴城丘高校
38 23年度 394 滋賀県立八日市南高等学校 長野・須坂園芸高校、愛知・猿投農林高校、滋賀・八日市南高校、岩手・花巻農業高校、埼玉・熊谷農業高校、山口・宇部西高校、京都・農芸高校
37 22年度 347 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林高校、埼玉・熊谷農業高校、長野・須坂園芸高校、三重・上野農業高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、山口・宇部西高校
36 21年度 370 須坂園芸高校(長野) 岩手・巻農業高校、群馬・勢多農林、東京・農芸高校、長野・須坂園芸高校、愛知・猿投農林、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校、広島・西条農業高校、島根・松江農林、山口・宇部西高校
35 20年度 349 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林、埼玉・児玉白楊高校、埼玉・熊谷農業高校、長野・須坂園芸高校、滋賀・八日市南高校、京都・府立農芸高校、広島・庄原実業高校、島根・松江農林高校
34 19年度 464 須坂園芸高校(長野) 岩手・水沢農業高校、群馬・勢多農林、埼玉・児玉白楊高校、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、滋賀・長浜農業高校、島根・松江農林高校
33 18年度 404 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、兵庫・農業高校
32 17年度 411 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林、長野・須坂園芸高校、神奈川・中央農業高校、岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校
31 16年度 388 加茂農林高校(岐阜) 東京・農芸高校、神奈川・中央農業高校、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校
30 15年度 344 八日市南高校(滋賀) 東京・農芸高校、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、愛知・稲沢高校、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校、湖南農業高校
29 14年度 356 八日市南高校(滋賀) 京都・農芸高校、大阪・府立園芸高校、滋賀・八日市南高校、岐阜・加茂農林高校、広島・西条農業高校、岡山・興陽高校、山口・宇部西高校
28 13年度 358 加茂農林高校(岐阜) 北海道・岩見沢農業、京都・農芸高校、大阪・府立園芸高校、滋賀・八日市南高校、滋賀・湖南農業高校、広島・西条農業高校、山口・宇部西高校
27 12年度 334 岩見沢農業(北海道) 岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、広島・西条農業高校、山口・宇部西高校
26 11年度 358 加茂農林高校(岐阜) 北海道・岩見沢農業高校、群馬・勢多農林、栃木・小山北桜高校、神奈川・相原高校、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校、広島・西条農業高校、香川・大川東高校
25 10年度 321 八日市南高校(滋賀) 栃木・鹿沼農業高校、愛知・稲沢高校、岐阜・加茂農林高校、京都・農芸高校、山口・宇部西高校、熊本・北稜高校
24 9年度 253 加茂農林高校(岐阜) 群馬・藤岡北高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、静岡・静岡農業高校、山口・宇部西高校
23 8年度 271 加茂農林高校(岐阜) 東京・農芸高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、島根・松江農林高校
22 7年度 307 八日市南高校(滋賀) 群馬・勢多農林高校、東京・農芸高校、岐阜・加茂農林高校、静岡・静岡農業、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、庄原実業高校、山口・宇部西高校
21 6年度 260 藤岡北高校(群馬) 東京・農芸高校、群馬・藤岡北高校、京都・農芸高校、北海道・岩見沢農業高校、静岡・静岡農業、東京・農業高校、滋賀・八日市南高校、埼玉・与野農工高校、千葉・茂原農業高校
20 5年度 243 農芸高校(京都) 京都・農芸高校、北海道・岩見沢農業高校、岩手・久慈農林高校、千葉・旭農業高校、東京・農芸高校、群馬・藤岡北高校、栃木・小山園芸高校、滋賀・八日市南高校
19 4年度 192 静岡農業(静岡) 静岡・静岡農業高校、京都・農芸高校、東京・園芸高校、山口・宇部西高校、兵庫・有馬高校
18 3 年度 211 静岡農業(静岡) 静岡・静岡農業高校、京都・農芸高校、埼玉・杉戸農業高校、北海道・岩見沢農業高校、群馬・藤岡北高校、山口・宇部西高校
17 2年度 145 農芸高校(京都) 埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、北海道・岩見沢農業高校、群馬・藤岡北高校、静岡・静岡農業高校、山口・宇部西高校、京都・農芸高校、滋賀・湖南高校、香川・大川東高校
16 平成元年度 125 静岡農業(静岡) 埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、群馬・藤岡北高校、栃木・小山園芸高校、岐阜・加茂農林高校、兵庫・有馬高校、東京・園芸高校、京都・農芸高校
15 63年度 80 磐田農業(静岡) 埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、群馬・藤岡北高校、京都・農芸高校、山口・宇部西高校、東京・園芸高校、岐阜・加茂農林高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、茨城・石岡第一高校、神奈川・相原高校
14 62年度 85 磐田農業(静岡) 埼玉・与野農工高校、杉戸農業高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、群馬・藤岡北高校、京都・農芸高校、東京・園芸高校、岐阜・加茂農林高校、栃木・小山園芸高校、沖縄・中部農林高校
13 61年度 88 藤岡北高校(群馬) 栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、神奈川・相原高校、群馬・藤岡北高校、岐阜・加茂農林高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、東京・園芸高校、京都・農芸高校、徳島・徳島農業高校
12 60年度 89 栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、神奈川・相原高校、東京・園芸高校、群馬・藤岡北高校、岐阜・加茂農林高校、岡山・興陽高校、宮城・柴田農林高校・沖縄、中部農林高校、
11 59年度 59 千葉・茂原農業高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、埼玉・杉戸農業高校、東京・園芸高校、山口・宇部西高校、岐阜・加茂農林高校、岡山・興陽高校
10 58年度 82 埼玉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、東京・園芸高校、埼玉・杉戸農業高校、岐阜・加茂農林高校、広島・沼南高校高校、宮城・柴田農林高校
9 57年度 80 埼玉・与野農工高校、杉戸農業高校、神奈川・相原高校、栃木・小山園芸高校、岐阜・加茂農林高校、山口・宇部西高校
8 56年度 115 千葉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、東京・園芸高校、埼玉・杉戸農業高校、岐阜・加茂農林高校、沖縄・中部農林高校
7 55年度 101 千葉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、東京・園芸高校、岐阜・加茂農林高校
6 54年度 106 千葉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、宮崎・宮崎農業高校、東京・園芸高校、新潟・巻農業高校
5 53年度 132 千葉・茂原農業高校、埼玉・与野農工高校、神奈川・相原高校、宮崎・宮崎農業高校
4 52年度 178 千葉・茂原農業高校、静岡・静岡農業高校、東京・園芸高校、神奈川・相原高校、新潟・巻農業高校、宮崎・宮崎農業高校
3 51年度 312 千葉・茂原農業高校、埼玉・与野農工高校、静岡・静岡農業高校、神奈川・相原高校、東京・園芸高校、宮城・柴田農林高校、愛知・稲沢高校、栃木・小山園芸高校、熊本・玉名農業高校
2 50年度 214 千葉・茂原農業高校、栃木・小山園芸高校、東京・園芸高校、茨城・石岡第一高校、神奈川・相原高校、愛知・稲沢高校、兵庫・兵庫農業高校
1 昭和49年度 84 千葉・茂原農業高校、成田園芸高校、埼玉・与野農工高校、静岡・静岡農業高校、神奈川・相原高校、東京・園芸高校、宮城・柴田農林高校、山梨・山梨農林高校、栃木・小山園芸高校

※平成11年度まで「指導奨励賞」、昭和60年度以前は該当賞の設置なし

ページトップへ戻る
COPYRIGHT(C)2004- JAPAN LANDSCAPE CONTRACTORS ASSOCIATION.ALL RIGHTSRESERVED.